協会案内


会   則 入会案内 役  員

第 1 条 (名称)
本協会は、「うるま市テニス協会」と称する。
第 2 条 (事務所)
    本協会は、事務所を事務局長宅とする
第 3 条 (目的)
    本協会は、生涯テニスの推進によりテニス人口を拡大し、競技力の向上に努め、
     テニスの振興発展を図ることを目的とする。
第 4 条 (上部団体)
    本協会は、うるま市テニスの統括団体としてうるま市体育協会及び
     沖縄県テニス協会に加盟するものとする。
第 5 条 (事業)
     本協会は、第3条の目的を達成するために、次の事業を行う。
      (1) テニス大会の開催。
      (2) テニスの普及、競技力の向上に関すること。
      (3) 他団体との交流に関すること。
      (4) その他本協会の振興発展に関すること。
第 6 条 (会員)
本協会は、次の会員で構成する。
 (1) うるま市内に住所、本籍もしく職場を有する者。
 (2) うるま市内のテニスクラブの会員である者。
 (3) その他会長が特に認めたもの。
第 7 条 (入会、退会)
     本協会に入会しようとする者は、所定の書式により申し込むこと。退会しようとする
     場合は、その理由を記して届けなければならない。
第 8 条 (会費)
    本協会会員は、下記の会費を納入しなければならない。
          一人年間1,000円
第 9 条 (役員)
    本協会に次の役員を置く。
   (1)顧 問(若干名)   (2)会 長(1名)   (3)副会長(若干名)  (4)理事長(1名)
   (5)副理事長(若干名) (6)常任理事(若干名) (7)事務局長(1名)  (8)理 事(若干名)
      (9)監 事(2名)
第 10 条 (任期)
役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
第 11 条 (選任)
    役員は理事会で推薦し、総会で承認する。
第 12 条 (職務)
    (1) 会長は本会を代表し、会務を統括する。
     (2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
     (3) 理事長は理事会を開催し、その議長となり理事会で決定された事項を処理する。
     (4) 副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故あるときはその職務を代行する。
     (5) 常任理事は常任理事会に出席し、協会の目的達成に必要な職務を遂行する。
     (6) 事務局長は、本協会の運営に必要な事務全般を統括する。
     (7) 理事は理事会に出席し、協会の業務遂行に協力する。
     (8) 監事は、本会の業務及び会計を監督し、総会、理事会に出席して意見をのべることができる。
第 13 条 (総会の開催)
    (1) 総会は、本会会員で構成する。
    (2) 総会は、会長が招集し、その議長となる。
    (3) 定例総会は年1回とし、会計年度(毎年4月1日〜翌年3月31日)終了後開催する。
        ただし会長が必要とす認めた時、又は理事の二分の一以上から要請があるときは、臨時総会を開催しなけ
        ればならない。
第 14 条 (総会の決議)
     総会の議決は、出席者の過半数の賛成により決定する。可否同数の場合は議長(会長)がこれを決定する。
第 15 条 (総会の承認事項)
     次の事項は、総会で承認されなければならない。
     (1) 前年度の収支決算及び事業報告
     (2) 当該年度の予算及び事業計画
     (3) 役員の承認及び選任に関すること。
     (4) 会則の変更に関すること。
     (5) その他
第 16 条 (理事会)
     (1) 理事会は、常任理事及び理事をもって組織する。
     (2) 理事会は、理事長が招集し、その議長となる。
     (3) 理事会の議決は、出席者の過半数をもって決定し、可否同数の場合は議長が決定する。
     (4) 総会で討議する前条(第15条)の議案は、予め理事会に諮らなければならない。
第 17 条 (常任理事会)
     (1) 常任理事会は、会長、副会長、理事長、副理事長、事務局長、常任理事をもって組織する
     (2) 常任理事会は、理事長が召集し、その議長となる。
     (3) 会議は、構成員の過半数の出席により成立し、決議は出席者の過半数をもって決定する。
         可否同数の場合は議長(理事長)がこれを決定する。
第 18 条 (委員会)
     本協会に次の委員会を置くことができる。
     (1) 総務財政委員会
     (2) 選手強化委員会
     (3) 広報委員会
     (4) 普及委員会
     (5) ジュニア委員会
     (6) ルール委員会
     (7) 審判育成委員会
     (8) 指導者育成委員会
     (9) 行事、ランキング委員会
第 19 条 (会計年度)
     本協会はの会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
第 20 条 (収入)
     本協会の収入は、次にあげる収入をもって充てる。
     会費、寄付金、補助金、その他
第 21 条 (施行細則)
     本会会則の施行に必要な細則は、理事会で別に定める。
     付則
     本会則は平成16年6月5日より施行し、平成16年4月1日より適用する。